Message

LINEで変える、
顧客コミュニケーション。

法人向けサービス『LINE公式アカウント』がスタートしてから約7年。
福岡で営業拠点が開始してから約1年。

LINEの広告は、全国の地域の企業様に活用いただけるサービスへと成長しています。

新聞、雑誌、ラジオ、テレビ、ウェブ広告やSNSなど、
ユーザーは、あらゆる場面で企業の情報を受け取るようになりました。

多くの情報に溢れる中、
LINEで実現できるのは、ユーザーに一番身近に寄り添った広告コミュニケーション。

“この場所で、この瞬間に、このお客さまへ”
LINEは、企業とユーザー、地域とユーザーの絆を強くするコミュニケーション手段を提供します。

Time Table

13:00 - 14:10

Keynote

『LINEで実現する、地域に根付いた顧客コミュニケーション』

LINE株式会社
執行役員
広告ビジネス事業担当
池端 由基
LINE Fukuoka株式会社
取締役COO
鈴木 優輔
株式会社エフ・ジェイ 
エンターテインメントワークス
木の葉モール橋本 支配人
宮崎 喜彦
嘉穂無線ホールディングス株式会社
マーケティング部
デジタルマーケティングマネージャー
古江 滋
LINE株式会社
広告事業本部
西日本事業部 事業部長
松岡 亮太
LINE株式会社
広告事業本部
SPセールスチーム マネージャー
橋本 久嗣
14:10 - 14:30
休 憩
14:30 - 15:05

Session 1

『パーフェクトワンの集客術
新たなファン獲得を目指す、LINEのフルファネル活用』

新日本製薬株式会社
通販事業部Eコマース課
課長
外園 英彦

外園 英彦

株式会社ADKマーケティング・
ソリューションズ
統合チャネル戦略センター
デジタルビジネスプロデュース本部
第3DBP局 局長
武藤 啓典

武藤 啓典

株式会社ADKマーケティング・
ソリューションズ
関西ネットワーク本部
関西支社 第一営業局
シニア・アカウント・エグゼクティブ
君島 智広

君島 智広

LINE株式会社
広告事業本部 西日本事業部
福岡オフィスチーム
マネージャー
永田 晃一

永田 晃一
14:30 - 15:05
Session 1
『パーフェクトワンの集客術
新たなファン獲得を目指す、LINEのフルファネル活用』
スキンケアブランド「パーフェクトワン」を展開する新日本製薬株式会社。
既存広告商品の効率改善・新規ユーザーへのリーチを目的にLINE公式アカウントを開設し、スポンサードスタンプでは、約600万の友だち獲得に成功。
セッションでは、商品売上につなげる集客術や、新たなファン獲得を目指すLINEを活用したフルファネル・マーケティングについて、お伺いします。
外園 英彦

新日本製薬株式会社
通販事業部Eコマース課
課長

外園 英彦

福岡生まれ。公務員・ベンチャー企業を経て、2009年健康食品通販企業へ入社。
インターネット通販部門にてWebマーケティングを統括したのち、新商品開発・ブランドマネージャー業務等に従事。
2016年4月新日本製薬へ入社。オフライン通販におけるコスメ・ヘルスケア領域のCRM構築・改善を担当後、2019年4月より現職。

武藤 啓典

株式会社ADKマーケティング・
ソリューションズ
統合チャネル戦略センター
デジタルビジネスプロデュース本部
第3DBP局 局長

武藤 啓典

2008年ADK入社。主にクライアントのデジタル通販事業の拡大支援に従事。
デジタル広告、クリエイティブ、CRMまでを一貫してプロデュースできるのが強み。
現在は、日本各地の大手クライアントを中心にデジタル戦略立案から実施運用までを数多く担当。

君島 智広

株式会社ADKマーケティング・
ソリューションズ
関西ネットワーク本部
関西支社 第一営業局
シニア・アカウント・エグゼクティブ

君島 智広

2009年ADK入社。通販企業、メーカー、インフラなど幅広い業種に対する営業を経験。現在は、ダイレクト企業様のWEB領域のサポートに従事。一般企業のオフライン施策の経験も踏まえ、オンオフトータルでの課題解決をプロデュースする。

永田 晃一

LINE株式会社
広告事業本部 西日本事業部
福岡オフィスチーム
マネージャー

永田 晃一

アドネットワーク会社での九州支社立ち上げを経て、2017年6月 LINE株式会社へ入社。 運用型広告LINE Ads Platformの西日本エリアでのセールスを担当。2018年1月に大阪オフィス、同年10月には福岡営業拠点の立ち上げを担い、現在は福岡にて営業統括に従事。

15:05 - 15:20
休 憩
15:20 - 15:55

Session 2

『霧島酒造に聞く ブランドを起点にしたコンテンツ配信』

霧島酒造株式会社
企画室 PR係 係長
大久保 昌博

大久保 昌博

LINE株式会社
広告事業本部 西日本事業部
福岡オフィスチーム
下園 幸太

下園 幸太
15:20 - 15:55
Session 2
『霧島酒造に聞く ブランドを起点にしたコンテンツ配信』
「黒霧島」で知られる、焼酎メーカー売上高ランキングトップの霧島酒造株式会社。
若年層獲得に向け、キャンペーンの応募チャネルとしてLINEを導入。2019年には応募チャネルをLINEに1本化するという大きなチャレンジを実施します。
圧倒的な商品力をもつ霧島がLINEを活用する理由とは?購入に寄与するメッセージ配信やユニークな運用体制など、LINEで実現する霧島のブランド・コミュニケーションについて、お伺いします。
大久保 昌博

霧島酒造株式会社
企画室 PR係 係長

大久保 昌博

宮崎県都城市出身。2010年、霧島酒造株式会社へ入社。
工場で、焼酎製造工程の貯蔵やブレンドなどの業務に従事。
その後、企画室にて、新商品開発、広告宣伝、広報などの業務を担当。
2017年より、全国消費者キャンペーンに合わせて、応募システムとして、LINEの活用をスタート。
2018年に、公式アカウント化し、情報発信をスタート。

下園 幸太

LINE株式会社
広告事業本部 西日本事業部
福岡オフィスチーム

下園 幸太

2014年、新卒でネット専業代理店に入社。セールスコンサルタントとして健康食品、化粧品、食品通販、不動産、アプリ、など様々な業界のwebマーケティングを支援。
2018年10月にLINE株式会社へ入社し、現在は総合代理店・専業代理店と連携しながら九州圏内のクライアントを中心にLINEを活用したマーケティング施策を推進。

15:55 - 16:10
休 憩
16:10 - 16:45

Session 3

『LAPに2.2億 投資してみえた、
CPAを100%改善する3つの方法とその結果』

フィネス株式会社
マーケティング企画部
部長
澤野 大輔

澤野 大輔
16:10 - 16:45
Session 3
『LAPに2.2億 投資してみえた、
CPAを100%改善する3つの方法とその結果』
主力商品の美容健康ジュース「豊潤サジー」を中心とした健康食品の通信販売を手掛けるフィネス株式会社。
2017年、サジーの新規顧客獲得のため、LAPを導入。30~40代女性をターゲットとし、LAPのデモグラフィックデータ配信や
類似配信を活用したダイレクト・マーケティングを実践しています。
セッションでは、LAP施策の定量効果に加え、売上につなげる配信の工夫について、ご紹介します
澤野 大輔

フィネス株式会社
マーケティング企画部
部長

澤野 大輔

2001年、グラフィック専門学校卒業後、レコード販売会社に入社し、WEBマーケティングに従事。
2010年、株式会社フィネスに入社 WEBマーケティングに従事。現職。

16:45 - 17:00
休 憩
17:00 - 17:35

Session 4

『キャンペーン訴求からCSまで
通信販売でのLINE活用』

さくらフォレスト株式会社
企画開発部
里 玲奈

里 玲奈

さくらフォレスト株式会社
LINE専属コンシェルジュチーム
森 美沙季

森 美沙季
17:00 - 17:35
Session 4
『キャンペーン訴求からCSまで
通信販売でのLINE活用』
福岡を中心に通信販売事業を展開しているさくらフォレスト株式会社。同社では、ブランドコンテンツを配信する企業アカウントと問い合わせ対応を行うCSアカウントの2つを運用。
企業アカウントでは、商品企画担当者がそれぞれのコンテンツを配信し、CSアカウントでは、LINE専任のコンシェルジュチームが問い合わせに対してテキストで返信を行なっています。
セッションでは、各アカウントでの施策と運用方法、今度の展望についてお話しします。
里 玲奈

さくらフォレスト株式会社
企画開発部

里 玲奈

2014年、さくらフォレスト株式会社入社。システム部に所属し、『さくらの森』のエンジニアとして従事。
2017年に企画部に移動。商品のマーケティングを担当し、 LINE@アカウント『さくらの森』のを開設。
2018年、1to1用 LINE@アカウント『さくらの森サポート』を開設し、同年にはLINE専属のコンシェルジュチームを立ち上げ。
2019年4月 新商品「SUYARi」を開発。現職。

森 美沙季

さくらフォレスト株式会社
LINE専属コンシェルジュチーム

森 美沙季

2012年、さくらフォレスト株式会社にアルバイトとして入社、2013年に正社員として雇用。
2014年以降、アルバイト・中途社員採用や、インタビュー記事制作を担当した後、2017年にクライアントサポートチームへ異動。
2018年、LINE専属のコンシェルジュチームに配属。チーム立ち上げに携わり、2019年にはLINEのチャットボット導入に従事。現職。

17:35 - 17:50
休 憩
17:50 - 18:25

Session 5

『LINEで誘導・LINEで購入
LINEで完結するドラッグストアの今』

JR九州ドラッグイレブン株式会社
企画本部 店舗運営部
岩倉 剛史

岩倉 剛史

LINE Pay株式会社
営業統括本部 Direct sales事業部
九州ダイレクトセールスチーム
マネージャー
吉岡 希

吉岡 希
17:50 - 18:25
Session 5
『LINEで誘導・LINEで購入
LINEで完結するドラッグストアの今』
福岡を中心に展開する大手ドラッグストアチェーン、JR九州ドラッグイレブン株式会社。
2019年、利便性の向上と来店促進を目的に、都市型店舗から先行して全店でLINE公式アカウントとLINE Payを導入。
友だち総数は、約200店舗で18万5,000人を達成しています。
セッションでは、導入に至った背景や効果的な友だち獲得施策、LINE Payユーザーの傾向など、LINE公式アカウントとLINE Payのハイブリッド活用についてお伺いします。
岩倉 剛史

JR九州ドラッグイレブン株式会社
企画本部 店舗運営部

岩倉 剛史

2001年、株式会社ドラッグイレブン入社。事業推進部に配属。新店立ち上げや既存店の改装、販促を担当。
2004年、営業企画室にて店舗の予算作成・分析を担当。
2009年、店舗運営部にて福岡地区のエリアマネージャーを担当。
2011年、情報企画部にて、POSのリプレイス、DWH導入を担当。
2016年、企画部にて、インバウンド事業、新規事業(コンビニ融合店やベビー用品専門店)を担当。越境EC事業の立ち上げに携わる。
2018年10月より営業企画部へ異動し、ブランディング、販促、インバウンド、越境EC、店舗予算管理を担当。SNSの強化と媒体のデジタルシフトに携わる。
2019年10月より、現職。

吉岡 希

LINE Pay株式会社
営業統括本部 Direct sales事業部
九州ダイレクトセールスチーム
マネージャー

吉岡 希

青山学院大学卒業後、大手人材サービス会社にて転職サイト立ち上げに参画。
その後商社にて海外駐在、外資系金融機関にて営業マネージャーを経て2016年LINE Pay株式会社(旧LINE Business Partners株式会社)入社。
入社後はLINE@(現LINE公式アカウント)における大手外部メディアとのアライアンス業務を担当。
2018年より九州・沖縄におけるLINE Pay・LINE公式アカウント業務全般を担当。

応募は締め切りました

About

LINE Biz-Day in Fukuoka

開催日時
2019年11月6日(水)
12:30 開場/13:00 開演/
18:25 終了(予定)
開催場所
福岡JR九州ホール
(福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1
JR博多シティ9F)
参加費
無料
定員
300名(抽選制)
お申込み締切

応募は締め切りました

Access

福岡JR九州ホール
福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1
JR博多シティ9F